インプラント治療を希望する一つ例として、他の歯に影響を及ぼしたくないと考えられた場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を、義歯を装着させるために削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので他の歯を削って義歯を入れるのは思わしくないという事情を踏まえるとすれば一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病がある特例では安全を期すため、入院を求められることもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療時期は、歯科医と話し合って、慎重に決めていきましょう。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

次にあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり落ち着くのを待ち、それがなじんだらアタッチメントという連結部分をはめ込み、ここで義歯をつける、どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月人により違いますが見ておかなければなりません。

ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると思ってください。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用はないので、全額自己負担の自費診療です。

面倒ではありますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。

確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書は必ず必要なので絶対再発行はしてくれないので暦年単位で、大事に保管しておきましょう。