そうなると修繕に掛かる金額が大きくなるため、外壁にクラックやチョーキングなどの異常が見られた場合は早く外壁専門の塗装屋さんにみてもらったり、見積もりを依頼したりすると安心です。

外壁の塗装は通常、塗料によって耐久年数が異なります。

ですので約10年に1度程度は外壁工事を施工した業者に診てもらうと良いでしょう。

この定期的な点検をすることで、大事な家の寿命を寿命を延ばすことにつながるのです。

現在使っている塗料の性能を超える前に、外壁と共に壁自体のダメージも軽減させ、建物全体の寿命を延ばすことにもなります。

外壁自体のヒビ割れ壁自体の剥がれ、またチョーキング(手で触ると白い粉が付く)が起こっていたり…このような劣化した状態が続いていると、外壁を伝って水分が壁本体に浸透してその浸透してきた水分がそのまま雨漏りになったり、外壁や内側の壁本体の腐食が起きたりします。

家の外壁で最も多い失敗は、外壁や壁そのものの劣化です。

使われている塗料の性能を超えて、外壁そのものでは済まず、内側のカベまでダメージを届かせてしまうのです。

外壁塗装をする以前に、内側の壁本体の部分的な修繕が必要になることが多いです。

外壁工事をする意味は建物の美観を保つことはもちろん、家の壁を護る大切な役割も担います。

家の壁を護り、防水性や耐久性を上昇させる。

塗料自体の特性による断熱効果、遮熱作用や汚れを自主的に落とす塗料まであります。

御存知の通り外壁塗装は外壁の耐久性を上げる効果があります。

主流で使われる塗料は、耐久力の低い物から高い物に目移りしていきます。

塗装により防水性を上昇させ、外壁を保護し、雨水の侵入を防ぎます。

また結露を防止するには、水分を遮断し湿気は通すという透湿性も重要になります。

一般的に断熱効果とは、冬場は暖かく夏場は冷房効果を高める働きのことを指します。

遮熱効果の高いものと一緒に使用するとより効果を高めることが出来ます。

アクリル系~ウレタン系~シリコン系~フッ素系の順番ですね。

フッ素系の塗料は耐久性に優れており、直射日光や風雨にさらされてダメージを受けやすい、屋根で使用されるケースが増えてきました。

現状外壁の塗り替えに最も用いられている塗料は、お値段と耐久性のバランスが良いコストパフォーマンスが人気のシリコン塗料です。

外壁には素材の種類によって、湿度に弱いものもあります。

直射日光による外壁表面や屋根表面の温度が上がるのを抑制する効果で夏は冷房の効果をより高め、断熱効果の高い材料との併用で冬の温度も高く保ちます。

光触媒塗料や、微細なセラミック樹脂を配合した塗料などでは、外壁に付着している汚れを雨などによって、自動で流れ落ちるセルフクリーニング効果があるものも出て来ています。

結果的にはそうした方が、本来は必要なかった修繕費用を使わずに済みます。

外壁塗装を検討する時は、事前に出来るだけ多くの塗装業者に見積り依頼をし、概ねの相場を知っておくなど、計画性が大事です。

失敗しやすい最大の要因は、相見積もりを取らずに、外壁工事をしてしまうことです。

同じ品質の工事をもっと安く出来る業者がいるにも関わらず、損をしていることすら知らない人も多いです。